自分の夢を作品に詰め込める唯一の捌け口、それが小説

「金にならないならそれほど時間を無駄にする物はない。」

 

自分の思いを込めた小説は販売もされていなければ、収入になることもない。楽しいはずの趣味が、急に苦しくなるときがあります。

 

やめてしまえばそこで終わり。有名作家じゃないから、そんなことが思える。
でも、自分が書き上げた小説を楽しみに待っている人がいるって,収入より勝る満足感があります。

 

遅いのか早いのかわからないけど、その事に気づくまで半年かかりました。同じく投稿作家として、趣味の小説を書いている人は登場人物が勝手に動き回ると嘆いていました。

 

「この人は何を言っているのだろうか。」当時の私には理解にできない言葉。

 

でも、それが1ヶ月、また1ヶ月と作品に向き合うことで自然と湧いてくる作品に対する愛着を感じたときやっとその言葉の意味がわかったのです。

 

次々とでで来る登場人物が自分の想像の内の物語とは違う動きをする。理解しがたい事ですが、そういうことって本当にあります。

 

先走る登場人物の動きを捉えて話を進めていくと本来の物語に繋がったり自分の想像した物語を越えて行ったり。その瞬間が心を満たしてくれるので、気付いたら2年ほどひとつの作品に夢中になってます。

 

元々は文才もなく、読書も好きではない方の自分がまさか書く方に就くなんて想像も出来なかったのに、今は楽しくてしょうがないです。

 

自分がしてきた恋愛や、もし言葉の世界が○○ならばとか
こういう人生、恋愛がしたかったとか思い思いにぶつけることが出来る
最高の趣味だと思っています。

 
お勧めする程のものではないのかもしれないですが、
この文で、案外小説って身近なものなんだって
自分の熱を込めて少しでも伝わって貰えればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です